気がついたらお互いの気持ちが逆転してました

私たちは友人から誘われたクリスマスパーティで知り合いました。
私は21歳、彼26歳でした。
私は最初5歳も離れていて、顔もそんなにタイプではありませんでした。
しかし、毎日の彼からの猛烈なアプローチがありその気持ちに押されお付き合いが始まりました。
お互い仕事をしていて、彼は営業、私はサービス業でしたので休みが同じ日になる事が少ない上に、自宅が車で2時間の中長距離恋愛でした。

それでも、お互い仕事が終わって時間がある時には自宅を行き来し、なるべく休みが同じになるように仕事の調整をしていました。
彼が私の家へ遊びに来る時は夕食を到着と同時に出せるように準備をしたり、彼が私の家から会社に行けるように洋服を準備をする等尽くしに尽くしていました。
が、付き合って1年が過ぎお互いの気持ちが反対になっていきました。
私は彼が中心になった生活を送り、彼は友人や趣味に時間を使いたい気持ちになったんだと思います。
私は会いたい会いたいでした。それが重かったのでしょう。突然のメールで『うざい』と言われました。
その一言で私は真っ白になり彼が電話に出るまでかけ続けました。
しかし、その間に私の気持ちが一気に憎しみに代わり電話に出た彼を罵倒していました。
彼は謝ってくれましたが関係の修復は出来ずそのままお別れになってしまいました。
あまりにも突然の別れに私は1年以上引きずっていました。
彼と別れて10年経ち私も家族が出来ましたが、今でも思い出すと胸が締め付けられる恋愛体験でした。
興信所の費用についてはこちら